スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内藤さんが玄太郎さんと石巻でおこなったボラ報告ですー

☆概要
カナダ人カメラマンが、ボランティアセンターと連絡を取り合い、友人等に声を掛けて土日のボランティア活動のコーディネートしている。参加者は60名ほどで毎週行っている。
 私が参加したのは、秋葉原から出発した17名のグループ、Bonita Team。そのうち、日本人は5名。会話はほとんど英語、時にフランス語。何人かは日本語も少し話せました。国籍はバラバラ。
参加費は1万円。朝・昼食・水は自前で用意。夕食代は別。

☆内容
16日 5時15分に秋葉原集合。6時出発。
途中、東北道の「安積SA」で休憩。参加者の一人がガイガーカウンターを取り出し計測。数字は1ミリシーベルトぐらい(東京では0.5)。「安心して深呼吸ができる」とアメリカン・ジョークが飛び交う。
東北道は、福島あたりからやや段差ができているが、問題なく通行可能。仙台から石巻の区間が制限速度50Kmになっていたり、道路状況が悪いのは、ゆめ風ブログ通り。支援に向かう車両が多い事もあって、渋滞が多い。
昼前に石巻市立小学校到着。校舎の1F部分まで津波が押し寄せた後がある。2F以上は避難所になっている。自衛隊、他府県からの医療チーム、ボランティア団体、郵便局の車両などが校庭に停車していた。

 ボランティアセンターのスタッフから作業内容を聞き、2グループに分かれて作業開始。
 作業内容は、家の中の掃除。家主と共に、使えるもの・捨てるものを分別して、処理をしていく。被災者曰く、「家の中が洗濯機」。攪拌されて泥まみれ。だから、作業はまさに肉体労働。机や椅子、棚やタンス、そしてタタミなどを家の外に捨て、泥を土のう袋に詰め込んでいく。その中で、貴重品などを探すのだが、何が大切なのかは、結構気を使う必要アリ。

 1軒目は、初老の夫婦の家。道路側に斜めに傾いていた。後でグーグルマップで確認したところ、元の場所から流されていたと分かる。
 お孫さんの物と思われる物がかなりあったが、「全部捨てていい」と言われるも、その理由は聞けなかった。
 2軒目は、建物自体は残っているものの、瓦礫が積み重なっており家の中に入ることもできない。だから、そのための通路を確保することから始まった。
 作業自体は、この2軒目が翌日昼過ぎまでかかり、後は校庭に積み上げられた土砂を土のう袋に詰め込む作業で終わった(始業式が後日予定されていた)。
2軒目の家主に「今後はどうするのか」と聞いてみたが、「もうここには住まない、仮設住宅に入ってから、その後は考えたい」と。後は、仮設住宅の建設の遅さ、借家なので義援金を受けられない可能性、行政機能のマヒ、先の見えない不安、などの話を。
作業を終えた時、家主が「我が家のヒーローの記念撮影を」と集合写真を撮って、握手を求めてきた。参加者の一人が「掃除しかしてない」と言うと、「掃除すら出来ないんですよ」と。

 宿泊は、仙台市内のラブホ「Bonita Hotel」。格安でボランティアを宿泊させてくれる(だから、Bonita Team)。サウナ付きの良いラブホ。
ホテル近くまでN倉さんに来てもらい、夏合宿の写真を渡す。

 仙台市内繁華街は賑わっていた。中東料理店で懇親会。(仙台市は海沿いの若林区が津波の被害にあっており、東武有料道路からその惨状を見ることが出来た。)
 翌日は8時に出発し、15時まで作業(ボランティア保険が9~15時までの適用なので、原則はその時間帯のみの作業。それ以外は「自己責任」)。その後、なんやかんやで17時ぐらいに出発。渋滞にも巻き込まれ、秋葉原に0時到着して解散。

☆その他
 避難所の人に聞いてみたが、やはり障害者や高齢者はいないようだった。
 避難所が嫌で家に戻る人もいるが、その人たちの把握は出来ていない(ボランティアセンターの人間が少なすぎて調査が出来ていない)。別のチームが家主から水や食料の不足を相談され、もって行った水と買った食料品を渡した。ただ、避難所にいれば、水や食料は沢山あるとのこと。
 一帯はほぼ1F部分まで津波に襲われており、全壊扱いなのだが、業者を呼んでガラス戸の修理をしている家も見かけた。

 ・G太郎さんいわく、「また車を借りられるならお願いしたい」と。
 ・なかなかハードで、「誰でも参加」という訳にも行かない。
 ・被災地での直接作業、という点で参加するのはあり。国際色豊かなのは面白い。
 ・ゆめ風とこっちを組み合わせた派遣団とかアリかも。

 以下、グーグルストリートの往時の街並みと撮影した写真との対比。
 心臓が弱い人は見ないで下さい。

BEFORE
clip_image002.jpg
AFTER
1石巻

スポンサーサイト

ゆめ風連合軍仙台へ、いわてへ

さて4/11から週末までゆめ風さいたまとして被災地障害者センターいわての立ち上げと調査に入ってきました。
事務所の立ち上げはなんともマッハ!半日で物件が決まったと思ったらあれよあれよという間に事務所備品が運び込まれ、玄関の自作スロープまで翌日には完成するというスピードでした。
また、その前からゆめ風さいたまと付き合いのある人が遠野の人工呼吸器ユーザーに発電機を届けるなど、ゆめ風さいたまとしては皆さんの後押しのおかげでかなり頼りにもされていました。


で、肝心の調査は盛岡を拠点に通行できない沿岸沿いを避け、南北に通じる道路から東の沿岸部を目指すという行程ですから時間がかかることしきり。要は山越え谷越えでの沿岸部へのロングドライブ。でも土曜には沿岸の全市町村の調査はざっくりとやることができました。

いわての状況は地震での被害は思ったほどではありませんが、なにしろ沿岸部が延々とガレキとなっていました。ビルが、電柱が、橋が、アメのように捻じ曲がり粉砕され、あちらこちら道路の舗装までが波で剥ぎ取られていました。
行政もがんばってはいるのですが、いかんせん行政そのもの、市庁舎ごと流された地区もあり、他県からの支援を受けながらなんとか安否確認はできた程度。しかして障害者の状況はなかなか立体的には浮かんでこないというのが現状です。


しかしてならばと廻る避難所にもなかなか障害者の姿を見つけることが難しく・・・
やっと見つかり始める障害者諸氏は、日頃付き合いのある大型の施設にショートステイ的に集中しているのが一つのパターンのようでした。
震災から一月がたち、とかく日頃からドゥーイットユアセルフ、自給自足的に暮らすいわての人たちはしんどい局面でありながらも最低限の支援を受け、自分たちの工夫も混ぜながらやっていっているというのが全体のトーンでしょうか。

命はつなげている。
しかし街は壊滅的な打撃を受けている。

この状況の中での支援は一筋縄ではいかないでしょう。
特に街で暮らしていく為の支援と考えると、そもそもそういった取り組みが少ない場所だけに大変だとも思います。

支援のためのお金は大事。
しかしそれ以上にそれを続けること。
また、お金だけでなく街で暮らすためのノウハウを含めて、様々な形での支援が求められていくだろうとも思います。

かのキヨシローの作っていた自転車チームLSDならずとも、ロング・スロウ・ディスタンスで続けていきましょうー!またそれはこの街で生きていく私たちの取り組みもないがしろにしないことが長続きさせる秘訣でもあるるのでしょう。GATTA!!

松2
陸前高田の山裾近くまで川に沿って押し寄せた津波。
一本の松がしっかりと立ち続けていました。  /51  

nazeogino

カンパは44万円を突破!

ゆめ風では3/26の時点で2000万円を突破したそうですが、本部では少なくとも10億・・・との見積もり。
カンパ頑張ると共に、長期間続くしえんの形を考えていく必要もありそうですね。
この震災や二次被害を風化させない工夫・・・・
みなさんお知恵をお願いしますー

/51

カンパまとめー3/29現在

カンパ1


ここのところの、わらじ関係者のカンパ活動は
わらじの会 東北沖大地震 一緒にいるよ!カンパ活動 (と勝手に自分の記録に命名してしまった)
3月 16日 水  29,671  せんげん台西口・SATY・武里
  17日 木  42,007  せんげん台西口 大袋駅
  18日 金  56,841  せんげん台東口
  22日 火  20,000  べしみ
  23日 水  25,893  せんげん台
  24日 木   4,871  春日部市役所
         9,919  武里
  25日 金   9,698  ヨークマート武里店
       17,000  樋上秀経由
        2,000  べしみ
       41,182  越谷駅東口
   28日 月  19,534 越谷市役所
       19,620 せんげん台東口
  29日 火   1,000 パタパタ
合計   289,236円を ゆめ風基金に入金を予定しています。
とりあえず、カンパ活動の御報告でした。

あんこさんよりの報告でした―

カンパ新ビラ ですよー♪

ゆめ風さいたまカンパ用ビラ

↑こいつが新カンパビラですー。さいたまスペシャルということで障害者だけでなく「ともに!」を強調した内容となっています。

ビラに出ているのは仙台のCILたすけっとの面々です。
彼らはゆめ風で「大変なことで」という言葉に「いつか自分たちの番になったらやるしかないと思っていましたから」と答えてくれたそうです。「それにしては(災害が)でかすぎですが(笑)」とも。
なんとも男前!fukusima50なんて原発の作業員が海外で取りざたされているようですが、ここにだってfukusima50はいるのです。それはfukusima500であり、fukusima5000であり、higasinihon10000でありnippon1000000で・・・あ・・・あらやだ、みーんなそうなんじゃん!ってね(笑)
無理せずがんばっていきましょーっ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。